発表論文等

/ERTL/papers
Lastupdate:2005.09.26
2004年度 | 2003年度 | 2002年度 | 2001年度 | 2000年度

2004年度の発表論文等

論文誌

本田晋也,冨山宏之,高田広章,"システムレベル設計環境: SystemBuilder",電子情報通信学会論文誌 Vol. J88-D-I No.2 pp.163-174,Feb.2005.

H. Tomiyama, H. Takada, and N. Dutt, ``Memory Data Organization for Low-Energy Address Buses,'' IEICE Trans. Electronics, vol. E87-C, no. 4, pp. 606-612, Apr. 2004.

H. Tomiyama and N. Dutt, ``ILP-Based Program Path Analysis for Bounding Worst-Case Inter-Task Cache Conflicts,'' IEICE Trans. Information & Systems, vol. E87-D, no. 6, pp. 1582-1587, June 2004.

H. Tomiyama, "Impacts of Compiler Optimizations on Address Bus Energy: An Empirical Study," IEICE Trans. Fundamentals, vol. E87-A, no. 10, pp. 2815-2820, Oct. 2004.

飯山真一,冨山宏之,高田広章,城戸正利,細谷伊知郎, "オフセット付きCANメッセージの最大遅れ時間解析",情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム, Vol.45, No.SIG11(ACS 7),pp.455-464,Nov.2004.

S. Honda, T. Wakabayashi, H. Tomiyama, and H. Takada, "RTOS-Centric Cosimulator for Embedded System Design," IEICE Trans. Fundamentals,vol.E87-A, no. 12, pp. 3030-3035, Dec. 2004.

国際会議

S. Honda, T. Wakabayashi, H. Tomiyama, and H. Takada, ``RTOS-Centric Hardware/Software Cosimulator for Embedded System Design,'' Proc. of International Conference on Hardware/Software Codesign and System Synthesis (CODES+ISSS), pp. 158-163, Stockholm, Sweden, Sep. 2004.

研究会

S. Honda, T. Wakabayashi, H. Tomiyama and H. Takada, ``RTOS-Centric Hardware/Software Cosimulator,'' 第17回回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, pp. 585-560, 2004年4月.

冨山宏之, ``組込みシステムのハードウェア/ソフトウェア・コデザイン,'' 第48回システム制御情報学会研究発表講演会(SCI)講演論文集, pp. 1-8, 2004年5月.

冨山宏之, ``ハードウェア/ソフトウェア・コデザインの技術動向,'' 情報処理学会SLDM研究会/電子情報通信学会VLD研究会, 2004年5月.

宮本寛史,飯山真一,冨山宏之,高田広章,中島浩, 「キャッシュフラッシュの最悪タイミングの探索手法」, Software Symposium 2004,2004年6月.

本田晋也, 冨山宏之, 高田 広章, 「システムレベル設計環境 : SystemBuilder」, DAシンポジウム2004,7月21〜23日.

椙山 剛,本田 晋也,冨山 宏之,高田 広章, 「Cベース設計におけるOS/HW間通信の実現」, DAシンポジウム2004,7月21〜23日.

二浦尾 晃司,本田 晋也,冨山 宏之,高田 広章, 「動作合成を利用した特定用途向けプロセッサの設計」, 情報処理学会 第67回全国大会,2005年3月.

二浦尾 晃司,本田 晋也,冨山 宏之,高田 広章, 「動作合成のプロセッサ設計への適用」, 電子情報通信学会 VLD/ICD研究会,2005年3月.

村上尚彦,飯山真一,高田広章,城戸正利,細谷伊知郎, 「自動車制御分散システムの静的スケジューリング手法」, 組込技術とネットワークに関するワークショップ(ETNET2005).

西部満,本田晋也,冨山宏之,高田広章, 「ハードリアルタイムシステムに適したメモリ保護機構の提案と評価」, 組込技術とネットワークに関するワークショップ(ETNET2005).

ポスター発表

宮本寛史,飯山真一,冨山宏之,高田広章,中島浩, 「キャッシュフラッシュの最悪 タイミングの探索手法」, SACSIS 2004,2004年5月.

西部満,本田晋也,冨山宏之,高田広章,「リアルタイムシステム向けメモリ保 護ユニットの改良と評価」,第6回 組込みシステム技術に関するサマーワーク ショップ(SWEST6),2004年7月.

近田 慎一郎, 本田 晋也, 冨山 宏之, 高田 広章, 「高速で柔軟なハードウェア /ソフトウェア・コシミュレーション環境の開発」, システムLSIワークショップ 2004, 2004年11月

2003年度の発表論文等

論文誌

飯山真一,高田広章,「システム構成を考慮したCANの最大遅れ時間解析手 法」, 情報処理学会論文誌:コンピューティングシステム,Vol.45, No.SIG 1(ACS 4), pp.66-76,Jan.2004.

中本幸一, 高田広章, 八谷祥一, 朝倉義晴, 樫宿昌房リアルタイムOSとJava実行 環境の統合アーキテクチャJTRON2.1仕様の策定とその評価,情報処理学会論文誌: コンピューティングシステム, Vol.45,No.SIG 3(ACS 5),pp.64-78,Mar. 2004.

P. Mishra, N. Dutt, and H. Tomiyama, "Towards Automatic Validation of Dynamic Behavior in Pipelined Processor Specifications," Kluwer Journal on Design Automation for Embedded Systems, vol. 8, issue 2-3, pp. 249-265, June-September, 2003.

本田晋也, 高田広章, 中島浩, 「SpecCによるソフトウェア記述の実装記述への変換」, 情報処理学会論文誌,Vol44,no.SIG11(ACS3), pp.236-245, Aug, 2003

研究会

鈴木考行,本田晋也,夏目貴将,飯山真一,冨山宏之,高田広章, 「動作合成ツールを用いたエンジン制御回路の設計事例」, 電子情報通信学会VLD/ICD研究会,Nov.2003.

夏目貴将,飯山真一,本田晋也,冨山宏之,高田広章, 「エンジン制御システムのHW/SWコデザイン」, 情報処理学会研究報告(デザインガイア2003), 2003-SLDM-112, vol.2003, No.120, pp.127-132, Nov.2003.

本田晋也, 冨山宏之, 高田広章, "デバイスドライバとデバイスの一体設計手 法の開発," 電気関連学会東海支部連合大会 組込みシステム開発技術の展望, 2003.

西山零士, 本田晋也, 高田広章, "マルチプロセッサSoPCにおける Hardware/Software一体構成技術," デザインガイア, 2003-SLDM-112, pp.133-138, 2003.

金光恭治, 本田晋也, 高田広章, "リアルタイムOS上でのQoS制御手法の検討," 実時間処理ワークショップ, pp.35-40, 2003.

保田信長,飯山真一,冨山宏之,高田広章,中島浩, 「LinuxとITRONによるハイブリッドOSの設計と実装」, 情報処理学会研究報告(実時間処理に関するワークショップ RTP2004), 2004-SLDM-114, vol.2004, No.33, pp.45-50, Mar.2004.

松谷元気,飯山真一,冨山宏之,高田広章, 「CANにおけるメッセージスケジューリング手法」, 情報処理学会研究報告(実時間処理に関するワークショップ RTP2004), 2004-SLDM-114, vol.2004, No.33, pp.81-86, Mar.2004.

本田晋也, 高田広章, 中島浩, 「SpecCによるソフトウェア記述の実装記述への変換」, SACSIS2003, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol2003, no.8, pp.81-88, May, 2003

本田晋也, 冨山宏之, 高田広章, 「SpecC記述のソフトウェア実装記述への 変換とインタフェース生成」, DAS2003, 情報処理学会シンポジウムシリーズ, Vol2003, no.11, pp.295-300, May, 2003

神原弘之, 石浦菜岐佐, 冨山宏之, 荒本雅夫, 山口隼司, "プロセッサを代替可能な専用ハードウェア生成のための高位合成処理系," 情報処理学会関西支部大会, 2003年10月.

森江善之, 冨山宏之, 村上和彰, "動作合成の効率化を指向した動作レベル記述・トランスフォーメーション," 情報処理学会研究報告SLDM-112-015, 2003年11月.

ポスター発表

本田晋也, 冨山宏之, 高田広章, "ソフトウェア・ハードウェア間インタフェー ス生成ツール," システムLSIワークショップポスターセッション, 2003.

国際会議

H. Tomiyama, H. Takada, and N. Dutt, "Data Organization Exploration for Low-Energy Address Buses," In Proc. of the First Workshop on Embedded Systems for Real-Time Multimedia (ESTIMedia), pp. 128-133, Newport Beach, USA, Oct. 2003.

L. Gauthier, N. Devroye, H. Tomiyama, K. Murakami, "A Front-end for Better Handling of High-level Hardware Descriptions,” 11th Workshop on Synthesis And System Integration of Mixed Information technologies (SASIMI), Hiroshima, Japan, Apr. 2003.

H. Takada, S. Honda, R. Nishiyama and H. Yuyama, "Hardware/Software Co-Configuration for Multiprocessor SoPC (Work-in-Progress Report)," IEEE Workshop on Software Technologies for Future Embedded Systems, pp. 7-8, May, 2003.

書籍

S. Honda and H. Takada, "Evaluation of Applying SpecC to The Integrated Design Method of Device Driver and Device," Book Chapter in Embedded Software for SoC, A.A. Jerraya, S. Yoo, D. Verkest and N. When(Ed.), Kluwer Academic Publishers, 2003.

2002年度の発表論文等

論文誌

本田晋也, 高田広章, 「デバイスドライバとデバイスの一体設計手法への SpecCの適用性評価」, 情報処理学会論文誌, vol.43, no.5, pp.1214-1224, May 2002.

飯山真一, 高田広章, 菅沼英明, 「エンジン制御システムのためのリアルタイ ム性検証手法」, 情報処理学会論文誌, vol.43, no.6, pp.1715-1724,Jun. 2002.

若林隆行, 高田広章, 「クロス開発環境におけるホスト/ターゲット処理一体 記述の提案とデバッグ環境への適用」, 情報処理学会論文誌, vol.43, no.6, pp.1749-1759, Jun. 2002.

国際会議

Takayuki Wakabayashi and Hiroaki Takada, "Standardization Approach of ITRON Debugging Interface Specification and Evaluation of its Adaptability", Proceedings of the ACM SIGPLAN Joint Conference on Language, Compilers, and Tools for Embedded Systems (LCTES) and Software and Compilers for Embedded Systems (SCOPES), Jun. 2002.

Shinya Honda and Hiroaki Takada, "Evaluation of Applying SpecC to the Integrated Design Method of Device Driver and Device", Proceeding of the Design Automation and Test in Europe(DATE),Designers' Forum, Mar. 2003.

H. Takada, S. Honda and R. Nishiyama, "Configurable Real-time Operating System for Heterogeneous Multiprocessors," 1st Symposium on Intelligent Human Sensing, pp. 86-89, Mar. 2003.

学会誌

書籍

高田広章編, トロン協会 バージョンアップWG, 「μITRON4.0仕様 保護機能拡 張 (Ver. 1.00.00)」, トロン協会, Jun. 2002.

研究会

藤田昌宏, 木下常雄, 石井忠俊, 酒井良哲, Mike Olivarez, 冨山宏之, 高田 広章, 本田晋也, 竹井良彦, "SpecC言語に基づくシステムレベル設計手法," 情報処理学会研究報告, 2002-SLDM-104, 2002.

一般雑誌など

2001年度の発表論文等

論文誌

高田広章, 「組込みシステム開発技術の現状と展望」, 情報処理学会論文誌, vol.42, no.4, pp.930-938, Apr. 2001.

若林隆行, 高田広章, 「ITRONデバッギングインタフェース仕様における標準 化アプローチとその適応性に関する評価」, 情報処理学会論文誌, vol.42, no.6, pp.1503-1513, Jun. 2001.

本田晋也, 高田広章, 「μITRON4.0仕様の例外処理のための機能とその評価」, 情報処理学会論文誌, vol.42, no.6, pp.1514-1524, Jun. 2001.

国際会議

Hiroaki Takada, Shin'ichi Iiyama, Tsutomu Kindaichi, and Shouichi Hachiya, "Linux on ITRON: A Hybrid Operating System Architecture", Proceedings of the IEEE SAINT-2002 Workshop on Linux and Internet Appliances, pp.4-7, Jan. 2002.

Hiroaki Takada, "Recent Trends of Real-Time Operating Systems for Embedded Systems", Proceedings of the 1st CREST Workshop on Advanced Computing and Communicating Techniques for Wearable Information Playing, pp.77-83, Mar. 2002.

Shin'ichi Iiyama, Hiroaki Takada, and Hideaki Suganuma, "Applying RMA to Engine Management System", Proceedings of the 8th International Workshop on Real-Time Computing Systems and Applications (RTCSA), pp.11-18, Mar. 2002.

研究会

本田晋也, 高田広章, "シリアルデバイス記述によるSpecCの記述性評価," 情 報処理学会 DAS, pp.55-60, 2001.

遠藤友悟,高田広章: 「I/O ブロッキングを考慮したスケジュール可能性の解析手法に関する研究」, 電子情報通信学会技術研究報告(2002年実時間処理に関するワークショップRTP2002), Mar.2002.

飯山真一,高田広章,菅沼英明, 「エンジン制御システムのためのリアルタイム性検証手法」, 情報処理学会コンピュータシステムシンポジウム論文集, vol. 2001,no. 16,pp. 97-104,Nov.2001.

ポスター発表

本田晋也, 高田広章, "デバイスドライバとデバイスの一体記述のためのSpecC 言語の記述性評価," システムLSIワークショップポスターセッション, 2001.

学会誌

藤田昌宏, 安浦寛人, 高田広章, 吉田憲司, インタラクティブエッセイ「シス テムLSIの設計技術・設計支援技術 (CAD技術) に関する問題点」, 情報処理, vol.42, no.4, pp.421-426, Apr. 2001.

高田広章, 「組み込みシステム開発環境の現状と動向」, 計測と制御, vo.41, no.2, pp.113-116, Feb. 2002.

書籍

高田広章, 小島育夫監訳, 小舘光正訳, Paul Albitz, Cricket Liu著, 「DNS & BIND 第4版」, オライリージャパン, Feb. 2002.

2000年度の発表論文等

国際会議

Hideaki Suganuma, Koji Sato, and Hiroaki Takada, "A Study of Evaluating the Real-Time Property for Engine Control Software", Proceedings of the SAE (Society of Automotive Engineers) 2001 World Congress, Mar. 2001.

研究会

飯山真一,遠藤友悟,高田広章,菅沼英明, 「RMA手法のエンジン制御システムへの適用に関する研究」, 電子情報通信学会技術研究報告(2001年実時間処理に関するワークショップRTP2001), vol.100,no.655,pp.7-14,Mar.2001.

学会誌

高田広章, 「組込みシステム開発技術の動向」, システム/制御/情報, vol.45, no.3, pp.115-117, Mar. 2001.